英語カフェとは?

カフェにいる外人
英語カフェとは、外国人とカフェ感覚で話をすることです。
ほとんどが、英会話スクールの一部として行われます。
なので、場所は英語スクールの内部で行われることが多いです。

例えば、英会話スクールは、月・水・金だけど
火・木・土では、英語カフェを開催しています。という感じ

もしくは、喫茶店経営者が、外国人講師をやとって、英語カフェを設けている

英会話スクール側の目的

英会話スクールがなぜ、英語カフェをするのでしょうか?
それは、集客と集金です。

オシャレなカフェ

集客の狙い

英語カフェは、値段が安いです。
1時間1000円が基本ですが、「試しに行ってみようかな~」という人が多いのです。
いきなり、英語スクールは気が引ける、、、という人も多いでしょう。
しかし、スクールの雰囲気になれたり、外国人講師となれたりしていくうちに、「ここで英会話スクールに通おうかな」というのが集客としての狙いです。

集金の狙い

英語カフェというのは、ほとんど1人の外国人講師に対して、複数人の日本人です。
場所によっては、1対10なんてのもあります。
店側からすれば、1時間に1万円の集金があります。
これは、オイシイですよね。

英語カフェは何をするの?

トークです。
主導権は、外国人講師にあります。
もちろん、すべて英語です。
講師によっては、日本語が少し喋れたりします。
(場合によっては、バイリンガル(英語ペラペラ)の日本人が講師になっているケースもあります。

外国人講師が、テーマを挙げて、みんなで英語で話し合っていくという、カフェのトーク感覚です。
飲み物が無料だったりします。
人によっては、メモをとったり、わからない単語は電子辞書で調べたりします。

コメントは受け付けていません。