英語を活かして【海外旅行の添乗員】になるには、どれくらいの英語力が必要?

アンコールワット
英語のスキルを活かす仕事に、海外旅行の添乗員(ツアーコンダクター)という選択肢があります。

海外旅行の添乗員だと、仕事なので無料で海外旅行を経験した気分になり、楽しそうですね。
海外旅行の添乗員と言っても、同行するのは日本人観光客です。

海外旅行の添乗員になるには、どれくらいの英語力が必要?

英検2級
TOEIC550点以上
という基準があります。
あくまでも、こちらの海外ツアーコンダクター募集の内容を引用しました。

ですが、いくら同行するのが日本人だからといっても、日本から一歩外に出たら、英語圏ですからね。
空港で、スタッフとのやり取りなどは、すべて英語になるでしょう。

そういえば、私が個人的に行ったインド旅行の帰りに見かけた、ツアーコンダクター(外人)は、荷物の積載がオーバーしていたので、空港のスタッフとすごいやり取りをしていたのを覚えています。
海外添乗員になると、旅行者全員の荷物の管理・入国審査などを任されることになるでしょう。

海外旅行添乗員の英語は難しいのか?

海外添乗員といっても、翻訳者になるわけではないのですから、上記の英検2級・TOEIC550点があれば問題ないと思います。
この2つのハードルは、たとえ英語初心者からスタートしても不可能なラインではないと思いますよ。

初心者から英語を勉強しても、海外添乗員になれるか?

私は、なれると思います。
なぜなら、目標が明確であればあるほど、人は英語の勉強を続けると思います。
そうなった時、上記のハードルというのは、そこまで高いハードルでは無いと思います。

また、旅行添乗員が使うであろう、英会話をまるまる覚えておけばOKなんです。
例えば、空港内での英会話フレーズ・ホテル内での英会話フレーズをまるまる覚えておけば、問題なく使いこなせます。

なので、もし海外旅行の添乗員(ツアーコンダクター)という夢があるけど、英語力を気になっている人は、必要以上に不安にならなくていいと思います。
とりあえず、やってみる!
その気持があれば、英語力なんてのは、後からついてくると思いますよ。
(^^)


コメントは受け付けていません。