【海外に手紙を書く】英語の勉強(手紙の出し方)

バースデーカード

さて、英語の勉強方法の一つに、「海外の友達に手紙を書く」という方法をおすすめします。
実際にやってみたので、流れを紹介しておきますね。

バースデーカードを購入!

サムライバースデーカード
私の友達は、フィリピンに住んでいるフィリピン人です。
日本が好きとのことなので、サムライの絵が書いてあるバースデーカードを購入。
(´・∀・`)エヘヘ
バースデーカードの中身

もちろん、英語で文章を書きました。
辞書グーグルの翻訳機能を使うと、だれでも簡単に英作文ができますよ。

住所は?

フィリピンへの手紙

フィリピンの住所は事前に聞いていたので、それをそのまま書きました。
とくに、書式などに決まりはありません。
住所をに書いて、裏側に英語で自分の住所を書けばいいです。

もしも、自分の住所の英語の書き方がわからないなら、こちらのサイトにて、変換してくれます。

郵便局へ

切手の値段がわからなかったので、ポスト投函ではなく、郵便局へ行きました。
海外に手紙を送るといっても、日本に送るのとなんら変わりはありません。

郵便コーナーの列に並んで、店員さんに「海外に手紙を出します」と言いましょう。
すると、店員さんから「航空便でいいですか?」と聞かれます。
まれに船便を希望する方もいるようですが、値段は変わらないと思うので、航空便でOKです。
あとは、重さを測って料金を払えばOK!
これで終わりです。
いかがですか?日本宛の手紙とほとんどかわりませんよ。

料金は?

海外への手紙料金のレシート
今回は、160円でした。
たぶん、バースデーカードだったので、少し重たかったです。
普通の手紙だけなら、もう少し安いと思います。

なぜ、海外に手紙を送ったの?

外国人からもらったバースデーカード
実は、以前にフィリピン人の友達が、僕の誕生日にバースデーカードを送ってくれたのです。
(*^─^*)ニコッ
そのお返しなんですね。
英語の上達の近道は、「外国人の友達を作ること」とよく言われますが、まさにそのとおりだと思っています。
この友達とは、日頃から英語でLINEもやり取りしています。

みなさんも、海外に手紙や写真を送る機会があったら、簡単なのでぜひチャレンジしてくださいね。
もちろん、英語の勉強になることは言うまでもありませんよ
(´∀`*)ウフフッ

コメントは受け付けていません。