英語の勉強に【留学】なぜおすすめ?

パスポート

英語が早く上達する!

どういうことかと言いますと、英語の勉強は間隔を詰めれば詰めるだけ、身につきます。

例えば、あなたが新しくバイトをしたとします。
週に2回だけの出勤なら、なかなか覚えないですよね。
しかし、毎日の出勤だと3ヶ月もあれば、かなりマスターしますよね。

英語の場合もこれと同じです。
間隔が狭い(つまり、毎日英語に触れる。しかも長時間)ことによって、誰でも英語が喋れるようになります。

すべてが英語という環境(英語を喋る経験を得やすい)

留学すると、海外に住むことになります。
つまり、どこに行ってもすべて英語です。
スーパー・コンビニ・交通機関・飲食店・テレビ・有線の音楽などなど、すべてが英語なのです。
この英語漬けの状態こそ、日本で英会話スクールに通うのと違って、留学ならではの特権ですね。

飛行機

外人の友達ができると、さらに英語が加速!

留学すると、外人の友達ができる可能性が高いですね。
そして、その友達と毎週、休みの日に遊びに行くとします。
もうそれだけで、英語のスキルアップ間違いなしですね。

日本にいながら、外人の友達を作れないこともないですが、海外だとまた違います。
だって、遊びに行く場所ですら、すべて英語ですからね。

年齢層の違いを知ることができる

もし、日本にいながらネイティブ(外国人)の家庭教師を雇っていたとします。
その人は、ほぼずっと固定ですよね。
つまり、その人(性別・年齢)しか、知らないのです。
しかし、留学だと老若男女の英語と触れ合います。
世代ごとによっての英語の違い、若者の言葉などなどリアルに体験できるのは、やはり留学ならではでしょう。

コメントは受け付けていません。